​山の神

​(かばた考3)

古来、私たちは近隣の山々と共に生活してきました。そして日々の安寧を願って山の神を祀ってきました。