ウインク コーラス

昨年の文化祭です。おそろいのストール、白と黒の衣装を纏い一年間の練習の成果を聞かせてくれました。

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ夜間は底冷えする平成最後の3月の第2火曜日、コーラスウインクを取材に伺いました。

秋の文化祭に向けた練習がすでに始まっていて、8名(部員数10名)の方は、アルト、ソプラノのパートに分かれて大ホールは熱気で溢れていました。練習時間は1時間30分ですが、途中雑談を入れることもなく、相口学さんのしなやかでユーモアを交えた指導で瞬く間にすぎていきます。

4月1日現在の飯高町の人口は3628人50歳以上の方は2572人です。ここ数年間は毎年100名余りの人口減少が続いています。

世帯数1800も満たない”ボクたちの村”なんです。ほんとうに減っていくのは寂しい…。昨年は、七笑い合唱団また絵手紙サークルの皆さんを紹介させていただきました。今回もウインクの皆さんとの出会いを通じて故郷を離れて暮らしている人達 子供達 友達…に「えっ! お母さん達頑張っているやん」「○○さん活き活きしているわ」と少しばかり感じていただければと紹介させていただきます。

今年の練習曲は「シャボン玉」「赤トンボ」「旅愁」「糸」の4曲です。先ずは動画をご覧ください

さー行きますよー  ゆうやーけこやけえのー はいもう1回

はいもう1回 もう一度いきますよー はい いち にい さんもう一度いきますよー はいもう1回 さあアルトいきますよーおわれーてみたのーわあ…タンタンタンタン…もう一度いきますよー 頭から行きますよー はいソプラノも一緒に伴奏を入れていきますよー…はーい いいですねー さあもう一度アルトいきますよー 時々指導者である相口さんの滑らかな歌声が、部員の皆さんの声量を誘うように聞こえる。1時間余りの練習は休むことなく続く。そして最後の15分間余りは立って4曲通して歌う。

傍で聞いていて気持ちの良い音楽の授業のように感じる。

​一時間も経たない間にすっかりハーモニーを奏でている。

すごーいですよ皆さんお上手です。

「糸」シンガーソングライターの中島みゆきの曲です。どこかで聞いたことがある曲だと思いますよ。いい詩ですので頑張りましょう。少しばかり難しいと思いますが…。相口さんの柔らかな声で皆さんの表情に意気込みが感じられます。

澄んだ歌声を聞きながら、何とも言えない優しい気持ちになりました。​そして動画を撮りながらいつの間にか、心の中で小さくなっていた翼が、大きくなって羽ばたいていくような気持ちにさせていただきました。

​平成の時代と共に歩んできたように思います

1

”歌で心豊かに”のキャッチフレーズでコーラスを立ち上げ約30年。

飯高町内で1000人を目標に各地域で練習に励んでいました。

​川俣地区では、多い時は30名余りの方が参加されていましたよ。

今は10名ですが、みんな歌の好きな方ばかりなんです。

七笑い合唱団に入っている方も数名いるんです。

​年に一度の親睦の場も楽しみの一つなんですよ。

皆さんにウインクの魅力を聞きました

「昭和16年生まれなんやけど、以前は7時30分~2時間程の練習やったんやけど、今は7時からにしてもらってます。七笑いにも入っているんやけどあちらは人数が多いやろ、少し間違えても気楽に歌えるけど、ウインクは小人数なので凄く責任を感じる。相口先生は万年青年やろ、しなやかで先生の声に、うっとりとしてしまうんやわ。熱心に指導してくれるので頑張らねばという意識が強くなるんやなあ。

コーラスのある夜は凄く神経が高ぶって眠れやんのやわ。

グループのつながりは強くて親しみがあるよ。私も高齢で変やなーと感じたら教えてなと若い人に言ってます。年を重ねてくると、若い人に引っ張ってもらっているという気持ちでいっぱい」

「家で気分がムシャクシャしていても、コーラスの練習に来てお腹から思い切り声を出して歌うと気分スッキリ‼

ニッコリして帰れるんです」

「キャリアが一番若手です。コーラスに入って約5年です。

大阪から来たのですが、友達もたくさんできて楽しんでいます」​